しゃへい形TM010誘電体円柱共振器

小林   小嶋 克人  吉田 信一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J64-B   No.2   pp.119-125
発行日: 1981/02/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(540.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
筆者らは,以前に,マイクロ波帯における小形共振器の新しい構造として,しゃへい形TM010誘電体円柱共振器を提案した.本論文では,この共振器について共振特性を解明し,更に,その設計法を示す.まず,種々の共振モードの共振周波数およびTM010モード共振系の無負荷Q値を計算して設計に必要な基礎資料を得,比誘電率および寸法比に対するそれらの依存性を明らかにする.次に,TM010モードに対する高次モードの共振周波数比を一定に保持した状態で最高の無負荷Q値を得るための最適寸法の決定を行う.更に,この共振器の温度特性は誘電体両端部を導体にそう入する構造とすることにより改善されることを示す.これらの設計の妥当性を実験により確認した.その結果,この共振器では,高次モードが1オクターブ以上の広い周波数帯にわたり現れない特長を有しながら,且つ,高い無負荷Q値が得られた.