陸上移動検波前ダイバーシチ合成受信におけるDPSK誤り率特性

宮垣 嘉也  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J63-B   No.1   pp.9-16
発行日: 1980/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(550.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
陸上移動無線高速レイリーフェージング下において,遅延検波方式固有の高い軽減不能誤り率によって支配される多値DPSK方式の誤り率が,ダイバーシチ合成受信ではどのようになるかを論じている.L枝の検波前合成法(選択合成,等利得合成,最大比合成)を対象とし,包絡線フェード及びランダム-FMによる誤り率が,共に,非ダイバーシチ時の誤り率のL乗で統一的に表現されることを新しく示し,又,特に,ランダム-FM改善効果の解析に努力を集中している.すなわち,ダイバーシチ受信によって,包絡線フェードに対すると同様に,ランダム-FMに対してもL乗則改善度が得られることを明らかにし,又,更に,ランダム-FMを最小にする最適合成システムが最大比合成器であることも示した.本論文によって,軽減不能誤り率をも含めて,多値DPSK誤り率のダイバーシチ受信特性が,一貫した見通しのよい形で提示されたことになり,他方式との比較にも便宜を与えるであろう.