分布定数回路の時間域解析についての一考察

鈴木 正敏  坂上 岩太  三木 信弘  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J63-B   No.11   pp.1063-1070
発行日: 1980/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(621.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロ波帯の回路として有用な分布結合形回路は,従来その周波数域での解析に重点がおかれており,その時間域解析はあまりなされていない.本論文では,無損失等長線路で構成される分布定数回路のリチャーズの変数がz変換を用いて表現可能であることを示し,分布定数回路を等価的にディジタルフィルタ表示することにより,その時間域解析が容易に行われることを示す.本手法を用いて分布結合形方向性結合器が巡回形ディジタルフィルタと等価であることを明らかにし,超高速ディジタル信号伝送システムにおいて問題となる位相ひずみによるパルス波形ひずみを補償可能な定抵抗位相等化器が,分布結合形方向性結合器を用いる簡単な回路で実現可能となることを示す.又,分布定数回路によるディジタル周波数逓倍器(入射パルス列の繰返周波数に対する逓倍器)の動作原理をz平面上で明らかにし,入射パルス振幅の1/2の一定振幅の出力パルスを得ることができるディジタル周波数2逓倍器とその拡張であるディジタル周波数n逓倍器も又,分布結合形方向性結合器を組み合せた簡単な回路構成により実現可能であることを示す.