人間の認識記憶機構におけるある機能を実現する自己組織機能を有する多層神経回路

水野 尚  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J63-A   No.2   pp.130-137
発行日: 1980/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(681.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
脳において記憶されているパターンが想起されるとき次のような場合が起る.必ずしも想起されるパターンに関するすべての情報を与えなくともそのパターンに特徴的な情報を与えるだけでパターンが想起される.複数のパターンに共通な情報を与えると,その情報に関係する複数のパターンが同時に想起される.多くのパターンに共通な情報を与えるといずれのパターンも想起されない.これらの機能は,パターンが認識,記憶される過程で併行して備わっていくと考えることができる.本論文では,これらの想起機能を有する多層神経回路モデルを提案する.このモデルでは,教師なしの学習により,神経細胞に学習パターンとその部分パターンを認識する能力をもたせこれらの機能を実現している.又,神経細胞の学習におけるシナプス結合の強化量決定に対して新しい仮説を提案しモデルのパターン識別能力を増大させている.