ファイルの最適分割

西条 経治  丸岡 章  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J62-D   No.8   pp.543-550
発行日: 1979/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(615.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ファイルの規模が大きくなればなる程,検索の効率を考慮してレコードを記憶装置に格納する必要が生じてくる.本論文では,直積形,部分一致形,および領域形という三つの質問のタイプを考え,それぞれのタイプの質問のクラスに対して,m個(m2)の属性を持つレコードからなるファイルを2次記憶装置の各ページに分割する仕方の中で最適なものがどのようなものであるかを考察する.ここで,最適な分割とは,それぞれのタイプの質問のクラスに対して,検索に際して行われるページ転送回数の平均値が最小となるものである.直積形質問は,従来から考察の対象とされてきた部分一致質問および領域質問を自然に拡張したものである.そして,これらのタイプの質問がそれぞれ等確率で生起すると仮定したとき,部分一致質問のクラス及び領域質問のクラスに対する最適分割が同じ傾向を持つのに対し,直積形質問のクラスに対する最適分割はこれらと全く異なる傾向を持つことを明らかにする.