特性関数による仲上・ライス,m分布フェージング回線の誤り率特性の評価

奥井 重彦  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J62-B   No.12   pp.1179-1186
発行日: 1979/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(609.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らは,既に有相関m分布変数2乗和の特性関数を誘導することにより,m分布フェージング環境下における最大比合成ダイバーシチの統計的性質を明らかにしたが,本論文では,更に1定常成分と多重散乱成分からなる仲上・ライスフェージングの場合について,有相関2乗和の特性関数を簡潔な関数形で見出し,これらの結果を用いて,固定,移動無線回線の広範なフェージング環境における,非同期FSK信号に対する非ダイバーシチ受信の平均多重誤り率,ならびに非同期FSK,DPSK信号に対する多重ダイバーシチ受信の平均誤り率(最大比合成法および検波後2乗則合成法),誤り率の超過時間率(最大比合成法)の解析表現を与え,若干の数値例を示している.上記の誤り率特性は,いずれもフェージング深度指標,信号間相関係数をパラメータとしているため,実用の無線回線の通信品質およびダイバーシチ改善効果の推定に関して,より融通性のある評価が期待されよう.