セル構造配列による3値論理関数の合成ならびにセル識別法

鉢嶺 元助  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J61-D   No.9   pp.703-710
発行日: 1978/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(694.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,2入力1出力端子を有するANDセル,ORセル,AND02セル,及びOR02セル(ANDOR,及びx02セルにより実現される)を基本セルとし,これらを用いた冗長な縦続接続回路構造,ならびに冗長な樹枝状回路構造(AND形およびOR形樹枝状回路)による3値論理関数の実現可能性について論じる.次いで,基本セルを用いて構成された各文字の回路構造を規定し,回路の各セル間の接続関係,ならびに各入力変数および定数の加えられている箇所を明記した構造グラフ(但し,各セルの機能は未知)が与えられた場合,入力パターンの伝搬特性を調べることにより,回路の各セルの機能を同定するセル識別のための有効なアルゴリズムを示し,更にセル識別のためのテスト入力パターンの個数の上界を与える.