多元接続形通信路の符号化・復号化に関する一方式

西門 裕  佐藤 正志  笠原 正雄  滑川 敏彦  原田 兼治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J61-A   No.4   pp.329-336
発行日: 1978/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(565.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近,衛星通信や計算機通信などの新しい通信システムが急速に発展しつつあるが,本論文では,これらの通信システムにおいて重要な役割を果たす多元接続形通信路に関し,新しい符号化および復号化の一方式を与える.筆者らが提案する多重化方式は,通常の時分割多重化方式とは著しく異なった特長,すなわち,(i)2個以上の情報源からのメッセージを特定のタイムスロットを用いることなく,しかもアドレス信号を別に付加せずに同時に送ることができる,(ii)システム全体の情報伝送速度が通常値より低くなると,誤り訂正能力をいわば自然に増大させることができ,高信頼度の情報伝送が可能である,(iii)簡単な代数的符号を用いており,多重化装置はモジュロ2加算器を用いるだけでよく非常に簡単な構造である,などの特長を有することを述べる.