雑音状光信号の光電子計数確率と誤り率特性

高橋 伸夫  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J60-C   No.4   pp.189-196
公開日: 1977/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(621.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ガウス統計に従う狭帯域雑音状光信号について光電子計数確率,誤り率とスペクトル特性との関連性を論じ,これらの結果を基にしてその光検波特性を明らかにしている.雑音状光信号の電力密度スペクトルの形状(方形,ガウス形),種類(輝線および連続スペクトル)に対して,帯域幅,輝線スペクトル数と負の2項分布のパラメータ(T/ξ)との関係式を導いている.次いで,パルス位置変調光通信方式を例にとり,熱雑音をも考慮した場合の誤り率について解析し,スペクトルの形状,種類,帯域幅,輝線スペクトル数,平均光電子数,コヒーレンス時間,検波系の積分時間,増倍率などとの関係を明らかにし,ディジタル光通信系での雑音状光信号の基本特性を与え,振幅一定の正弦波状光信号との比較をも合せて行っている.