高速PCMのシステム同期

佐藤 正志  高木 誠一  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J60-A   No.9   pp.860-866
発行日: 1977/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(505.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高速PCMシステムはスタッフ同期を用いて多段階に多重化を行って構成されているため,ある群のフレーム同期がはずれた場合,システム全体として同期復帰するためには多段階に同期復帰する必要がある.このような階層構造を持った同期はシステム同期と呼ばれている.本論文では5次群構成の高速PCMシステムを対象として,システム同期の同期復帰特性について詳細な解析を行っている.更に,これに基づいて同期復帰特性の改善法を提案し,有効な改善効果が得られることを確認している.又,この改善法をPCMシステムに導入した場合,復帰特性の改善効果が十分に期待できる.望ましいハイアラキ構成を提案している.