一般化された線形システムとしての線形空間オートマトンの構造安定性

江島 俊朗  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J60-A   No.9   pp.852-859
発行日: 1977/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(607.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は線形システムの一般的なモデルと考えられる線形空間オートマトン(LSA)の構造安定性の問題を詳細に解明したものである.まずLSAが安定であることを特徴づける安定摂動なる概念を導入し,LSAの構造(状態推移行列)に対して加えられるすべての摂動が安定摂動となるための必要十分条件をその状態推移の構造との関係において明らかにしている.次いで,LSAの状態推移行列のある一部分だけを変化させる摂動が加えられた場合の構造安定性の解析に有用な入条件を導入し,この条件を用いて状態推移の一部分だけを変化させる各種の部分的摂動が安定摂動となるための十分条件を導いている.入条件を用いて得られたこれらの十分条件はかなり多くの場合に適用できるものである.最後に,部分的摂動に対する考察は,複数個のLSAが結合されたシステムの構造安定性の考察にも適用できることを示している.