複合誤り通信路における能率の良い訂正符号の一構成法

杉村 立夫  佐藤 正志  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J60-A   No.12   pp.1168-1175
発行日: 1977/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(591.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近のディジタル通信の進展に伴い,種々の通信路を介して通信が行われるようになりつつある.そのため,通信路に生起する誤りとしてはランダム誤りとバースト誤りが混在する,いわゆる複合誤りを考えるのがより一般的である.従って,将来高信頼度の通信を可能とするためにこのような誤りを訂正し得る複合誤り訂正符号が必要となってくる.本論文では,拡大BCH符号とFire符号を首尾よく組合せることにより,従来知られている最も能率の高い代数的複合誤り訂正符号の1つであるHsuの符号に比べ,更に高い能率を有する新しい複合誤り訂正符号の構成が可能であることを示した.そして,本論文で提案した符号が基本的にはBCH符号とFire符号に基づいているという特徴によって簡単で組織的な復号が可能であることを示した.