ディジタル微分解析器を用いたデルタ変調ディジタルフィルタ

平井 宏  阪田 正和  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J60-A   No.11   pp.1062-1068
発行日: 1977/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(517.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ここでは,従来のディジタルフィルタと異なり,A-D,D-A変換器として,デルタ変復調器を用い,フィルタの構成要素として,ディジタル微分解析器(DDA)及びディジタル遅延回路をもつ新しいディジタルフィルタについて検討した.この新方式は,デルタ変調信号をそのまま,もしくはこれに零を表す符号を加えた3値符号体系に直して,処理するものであるが,フィルタの設計論そのものは,従来の理論が適用でき,再帰形も可能である.筆者らは,その周波数領域の特性,内部雑音などについて理論的解析を行い,試作したハードウエアを用いた実験結果と比較対照を行った.その周波数応答は理論とよく一致した.本方式は,デルタ変調方式が持つ低周波領域へいけばいくほど内部雑音の割合が減少するという特色をフィルタ特性としても保持することができ,使用目的によっては従来のディジタルフィルタよりも有用であると考えられる.