n段非対称方向性結合器とその電力M分配回路への応用

坂上 岩太  羽鳥 孝三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J60-A   No.10   pp.895-902
発行日: 1977/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(595.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本文はn段非対称方向性結合器(n1)を取上げ,その出力特性が平均結合度と一致するときの規格化周波数はT2nX)=0(T2nは第1種2n次のチェビシェフ多項式を示す)の根より近似的に求められることを明らかにしている.この性質を用いると,マイクロ波帯における電力M分配回路(M2)を設計する際,有効な設計法を導くことができる.すなわち,複数個のn段非対称方向性結合器を組合せ,平均結合度を適当に定めることにより入射電力を均等にM分割することが可能となるが,通過帯域幅比(BW)の設定の仕方にまだ自由度があり,M個の出力特性は種々の動作を示す.縦軸を分配損,横軸を規格化周波数とする座標平面を考えるとき,本文では複数個のn段非対称方向性結合器のBWを等しく設定することにより,電力M分配回路の分配損とT2nX)=0より求められる規格化周波数により表される2n個の点上にM個の出力ポートのすべての伝送特性を収束させることができることを示している.本文ではこうして得られる特性を最適化された状態と考えている.これはn段非対称方向性結合器を用いた電力M分配回路のどのような構成法についても成立する.