位相同期ループにおけるラッチ形位相比較器に対するファーストジッタの効果

山下 正光  松田 義輝  村田 正  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J59-A   No.7   pp.555-561
発行日: 1976/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(662.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
位相同期ループに用いる位相比較器に関しては,従来から数多くの研究が報告されている.その代表的なものは正弦波状,三角波状,のこぎり波状特性である.筆者らは,これらのいずれとも異なる特性部分をもつTTL ICラッチによるラッチ形位相比較器を既に提案した.アナログ位相同期ループの位相比較器としてこのラッチ形位相比較器を用いる場合,入力信号に重畳し低域フィルタで阻止される領域にあるファーストジッタ(位相ジッタ)が,位相比較特性にいかなる影響を与えるかについて理論解析し,実験により確認した.その結果,ラッチ形位相比較器特有の正に不連続変化する特性が正弦波状ファーストジッタの効果により,非線形ではあるが,正こう配部を拡大し擬似モードも発生しない特性を有することを明らかにした.