ネットワークにおける集合(ブール)テンションとポテンシャルの諸性質

翁長 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J59-A   No.2   pp.100-107
発行日: 1976/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(541.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
有向グラフG=(VE)の各枝eに,ある集合Sの部分集合te)⊆Sを割当てる写像tES),S)=Sのすべての部分集合のなす族,はGのあらゆる閉路LL+L-に対しブール・Kirchhoff第2則BA・KVL:eL+te)=eL-te),又はBR・KVL:eLte)=φを満足するとき各々集合ブール代数テンション(BAテンションと略す),集合ブール環テンション(BRテンションと略す)と呼び,合わせて集合テンションと総称する.各枝eに集合の重みα(e),β(e)(⊇α(e))が付与されている場合α(e)⊆te)⊆β(e),∀eEを満足する集合テンションtはネットワークN=(G,{α,β})において許容されているという.本文はネットワークにおける集合テンションの諸性質を調べ,集合ポテンシャルとの相互関係を明らかにしたものである.