Tゲートに基づく3値論理系

樋口 龍雄  亀山 充隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J58-D   No.6   pp.306-313
発行日: 1975/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
3値論理系が,1種類の基本演算子に基づいて構成できるならば,論理系を系統的に扱う上でも,又,集積化などの工学的応用面からみても,非常に有力であると思われる.本論文では以上の観点に立ち,3値Tゲートに着目し,これを基本ブロックとすることにより,3値論理系を系統的に実現できることを示したものである.すなわち,それ自身完全系をなすTゲートを物理的手段により実現すると共に,その数学的性質を明らかにした.ついで,Tゲートを基本ブロックとみなすことにより,任意の組合せ回路を極めて簡単に,又,形式的に合成できることを示した.更に,順序回路の合成に不可欠の要素である情報記憶回路を,Tゲートを用いて構成することを試みた.最後に,以上の組合せ回路と情報記憶回路を併用することにより,同期式順序回路の1つである直列加算器を構成し,その動作を確かめた.