m-分布光信号の統計的性質と光電子放出確率

木内 義通  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J58-C   No.7   pp.376-383
公開日: 1975/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(559.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光信号の強度(包絡線)分布に対し,従来フェージング電波の包絡線分布の一般形として用いられてきたm-分布を導入することを新しく試みた.このm-分布光信号について種々の統計的性質を理論的に解析した結果,このm-分布光信号モデルは,正弦波状光信号から種々の雑音状光信号までを連続的に論じることができ,又,近似式として対数正規分布も表現できる解析的に使いやすい有用なモデルであることが判明した.更に,このm-分布光信号のみの場合および背景雑音光と共存する場合について光電子放出確率を与える理論式を導出した.これらの式の統計的性質を詳細に解析した結果,これまで既に導出されている理論式をも表現し得る融通性を有することも明らかになった.