多値論理関数集合の同族性とその多しきい値素子構成への応用

高松 雄三  村上 研二  相原 恒博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J57-D   No.9   pp.534-541
発行日: 1974/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(637.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,与えられた多値論理関数の集合が,同一の荷重ベクトルで実現される多値しきい値関数の集合か否かを判定する条件を考察した.まず,論理関数の集合を1個の多値論理関数で表わす手法を導入し,その関数を用いて,その関数集合の持つ単調性,同族性などの性質を調べた.次に,単調性,同族性の実用的な判定法を述べている.具体的には,能率よく完全単調性を判定する手段として「対角ベクトル表」を導入した.又,本論文で明らかにする論理関数集合の単調性,同族性の判定条件を応用した,多しきい値素子の構成法を提案している.ここで述べる構成法は,多しきい値関数を多値しきい値関数に対応づけるという概念に基づいている.「対角ベクトル表」を用いた多しきい値関数の多値しきい値関数への変換手順が述べられている.