一次元テセレーションオートマトンの強連結性

丸岡 章  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J57-D   No.2   pp.93-100
発行日: 1974/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(581.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
テセレーションオートマトン(TA)とは同一の構造をもったセルと呼ばれる有限オートマトンを規則的に配列し,その間を局所的に一様に連結した系として定義される.ここで,様相(TAを構成する各セルがとる状態を示すもの)の遷移の仕方を定める局所関数は時間とともに変化しうるとする.本論文は連続した3個以上の近傍を有する一次元TAにおいて,適当に選ばれた局所関数の有限系列により,任意の有限様相から出発して任意の有限様相に到達しうることを証明するものである.