テーパ最適化による分布RCフィルタの合成

橋本 秀雄  大村 皓一  喜田村 善一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J57-A   No.10   pp.722-729
発行日: 1974/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(608.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
先に,不均一分布RC線路の合成問題をバナッハ空間上のはん関数の最小化問題に置き換え,最急降下法を用いて,最適階段関数形テーパ線路を求める計算手法を提案した.最急降下法では最終段階で収束性が悪くなり,フィルタのような周波数帯域での合成では計算時間の点から問題が残されていた.本論文では,最小化の方法として,最も有効なDavidonの方法を用いて最適階段関数形テーパ線路を求める問題について考察する.まず,階段関数からなるテーパ関数の空間を定義し,このうえではん関数が微分可能であることを示した.次に線路の製造および計算の能率化を考慮して,最急降下法とDavidonの方法を適当に併用した実用的な計算手法を導出した.最後に,フィルタの設計問題にこの手法を適用して,十分実用に耐えることを確かめた.