Bragg反射を利用した超音波光整合フィルタ

河千田 征幸  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J56-A   No.5   pp.265-270
発行日: 1973/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(634.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
超音波光変調器を使った光相関器でBragg反射を利用するものについて解析している.Bragg反射では入射光が数波長以上の超音波にわたって回折されるため回折光のもつ位相情報を使って光相関器を構成するSlobodinの原理の適用はむずかしい.そこで超音波光変調器の入力に振幅変調された被変調光を使い強度変調した光を利用して光相関器を構成することを提案し,特に二つの超音波光変調器を使った光相関器は超音波の減衰に基づく出力のひずみの改善と周波数の異なる搬送波を用いることにより構成の簡単化が行なえることを示している.