振幅変動を受けた周波数被変調波に対するFM検波器の出力SN比

森永 規彦  小牧 省三  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J55-B   No.9   pp.512-519
発行日: 1972/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(630.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
システム利得変動(たとえば,機器の振動,送受信器の利得変動など)による振幅変動を受けた周波数被変調波を普通のFM検波器で受信する場合,検波器出力の雑音やひずみが増加することが考えられるであろうし,またスレシホールドの変化も予想されるにもかかわらず,それらに対する振幅変動の影響については十分明らかにはされていない.このため現実的な問題として,振幅変動を受けた周波数被変調波に対するFM検波器出力の諸特性を振幅変動の影響を考慮して解析することが必要となる.本論文ではFM検波器の入力として,“振幅変動を受けた周波数被変調波+ガウス雑音”を仮定し,実際の通信状況に即して,スレシホールドの近傍以上の入力CN比における検波器の出力特性(出力信号成分,出力雑音成分,出力SN比)に対する振幅変動および入力CN比の影響を論じている.