背景雑音と共存する振幅変調雑音搬送波に対する二乗則検波器の出力SN比

大下 真二郎  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J55-B   No.9   pp.504-511
発行日: 1972/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(672.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
二乗則検波器の入力として,定常ガウス形ランダム信号で振幅変調をうけた雑音搬送波と背景雑音を仮定し,出力SN比について一般的解析を行ない,具体的に入力CN比,変調度,変調信号の中心周波数,および変調信号と雑音搬送波の帯域幅が出力SN比に与える影響について論じている.その結果,(1)入力CN比を大きくする,(2)変調度を大きくする,などはもちろんのこと,(3)入力CN比が大きいときは搬送波と変調信号の帯域幅の比を大きく,逆に,入力CN比が小さいときはその比を小さくすることによって出力SN比が良くなることが明きらかになった.また,ベースバンド変調信号に対して,バンドパス変調信号を用いて得られる出力SN比改善効果についても論じている.つぎに,正弦搬送波を用いたときの出力SN比と比較を行ない,雑音搬送波に対する検波特性に関して,一層明確な評価を与えている.