微弱な狭帯域雑音電力のFM式測定法

山内 健次  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J53-C   No.2   pp.80-87
公開日: 1970/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(703.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
微弱な雑音電力の測定システムは受信機雑音およびその利得変動の影響を除去する必要がある.慣用のDicke radiometer他(AM変復調方式)は利得変動を完全には除きえない.本論文は利得変動に直接影響を受けないFM式雑音電力測定システムを提案し,2測定法の原理を述べ,微弱な入力雑音電力のもとで本システムの感度および感度係数KSを解析している.KSにより両測定法の感度を比較し,最良の状態でKS=3.0を得る.本システムは感度の点ではDickeシステムより少し劣るが,FM変復調方式の採用により利得変動に対して不感応であり,安定な測定が可能であるというすぐれた特長を持つ.標準雑音源にかわる基準正弦波を適当なレベルに設定すれば,たとえ入力雑音対受信機雑音電力比aが変化してもシステムの感度はほとんど変わらない.