離散形決定問題の一解法

阿部 健一  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J53-C   No.2   pp.65-72
公開日: 1970/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(676.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,離散形決定問題を解くバックトラックの原理によるアルゴリズムの一般的な構成法を与える.まず,アルゴリズムを構成する要素となる制限関数,解系列および優先順位などの定義を行なう.さらに,任意の解系列と解空間の部分集合との対として表わされるメモリを伴う解系列なる概念を導入する.アルゴリズムは,以上の諸要素を用いることにより,解空間から導かれるある有限集合の変換として定義される.