軸方向スロットを切った方形導波管のLeaky Waveについて

伊藤 精彦  鈴木 道雄  松本 正  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J53-B   No.5   pp.231-237
発行日: 1970/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(657.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
方形導波管のE面に一様にslotを切った漏れ導波管(Slotted Rectangular Waveguide)を方形導波管のslotの切られていない側からH01波で励振した場合に,slotの切られた側には,H01波に対応するLeaky Wave Hslot,01波と,もう一つ,Hslot,01波より伝搬波長が短く減衰定数の小さなLeaky Wave Hslot,0波が発生する.Hslot,01波については,その伝搬定数が知られているが,Hslot,0波については,その伝搬特性が十分に明らかにされていない.この論文は,このようなSlotted Rectangular Waveguideの管壁が厚さを有する場合のLeaky Wave mode Hslot,01,Hslot,0両波の伝搬定数を計算により導き,かつ,slot部の長さが有限な場合につき,その指向性の測定を行ない,計算値と比較検討を行なっている.また,導波管のDimension,周波数などを適当に選ぶことにより,Hslot,0波のみをslot上に導くことができ,したがって,single beam antennaとして動作することが可能であることを示している.したがって,この論文は,かかるSlotted Rectangular WaveguideをLeaky Wave antennaとして使用する場合の設計にも役立つものと思われる.