ホルマント周波数による声道の横断面積の簡易計算法

角川 靖夫  鈴木 誠史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J52-C   No.9   pp.516-523
公開日: 1969/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(692KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,3個の低次ホルマント周波数のみが与えられたとき,その声道の面積関数を代数的な計算のみで近似的に求める簡単な解法について述べ,すでに発表されている摂動法による結果と比較,検討している.まず,管内損失を無視した声道を長さに沿って6等分割し,これに適切な拘束条件を付加して四次の面積多項式をつくり,この解から6個の階段形の横断面積をもつ声道を一意的に求める.つぎに,これらの形を実際の声道の形に適用させるために面積関数の平滑化を行なう.最後にこの簡易計算法をロシア語5母音に適用して摂動法による結果と比較し,簡単な解法にもかかわらず両者の面積関数がほとんど違わないこと,さらに日本語5母音,英語6母音のX線費料に対しても/u/を除いてよく適合すること,また実際に日本語連続音声に応用した結果も,これまでの音声学的特徴を定量的によく記述していることをあわせて示す.