周期的に細げきを設けた漏れ導波管の近似放射指向性

繁沢 宏  滝山 敬  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J52-B   No.8   pp.434-441
発行日: 1969/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文・資料
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(752.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般に漏れ導波管からの放射の問題を厳密に取り扱うには,導波管内部の電磁界と外部のそれとを与えられた境界条件のもとに正しく関連づけねばならず非常に困難な問題である.そこで本文では従来から採用されている方法,つまり漏れ孔上の界分布を仮定して,導波管外部の問題を内部のそれから切り離して取り扱っていく方法によって,細げきを管軸に沿って周期的に配列した漏れ導波管の放射指向性について解析した結果および実験について述べたものである.ここで述べる方法は一般の導波管に対して応用できるもので,本文ではだ円導波管を例にして,その一般的な解析法を述べている.この結果を普通用いられている方形導波管の場合に応用し検討を加えた.方形導波管の場合には指向性の計算に対し管壁の影響を正確に考慮できないから,本文では筆者らが提案した方法,つまり方形断面を適当に近似しただ円断面で置き換える方法を導入して方形導波管にスロット列を設けた数種のものについて解析,実験を行ない本文で述べた方法が漏れ導波管の指向性に対する一つの有効な解法となることを示した.