情動刺激直後の脳波と心拍変動の時間差解析

猪口 祐次  小林 昌平  カーペルス M. A. スティーブン  水野(松本) 由子  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J102-D   No.4   pp.350-358
発行日: 2019/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2018JDP7047
論文種別: 論文
専門分野: 生体工学
キーワード: 
脳波,  自律神経,  情動ストレス,  ウェーブレット相互相関解析,  時間差,  

本文: PDF(2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究では,「正の情動刺激」と「負の情動刺激」を用いて,情動ストレス負荷時の脳波 α1帯域及び心電図LF/HFの経時的相関解析によって,脳機能と自律神経機能の時間差解析を行った.被験者は,健常成人22名とした.被験者に,情動ストレス負荷として視聴覚刺激を呈示し,刺激直後の想起閉眼時180秒間における脳波及び心拍変動を解析した.解析には,高速フーリエ変換(FFT)を用いて,パワースペクトル値を経時的に求め,次に,ウェーブレット相互相関解析を用いて,脳波 α1帯域(8-10 Hz未満)と心電図LF/HFのスペクトル値変化の時間差を算出した.その結果,「正の情動刺激」では脳活動が自律神経活動の変化に先行したが,「負の情動刺激」では自律神経活動が刺激に対して即時に反応し,脳活動と同期した.