糖尿病リスクシミュレーションシステムの開発と評価

大崎 高伸  長谷川 泰隆  伴 秀行  林 剛司  山口 雅浩  大山 永昭  杉浦 彰彦  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J102-D   No.1   pp.25-33
発行日: 2019/01/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2018JDP7033
論文種別: 論文
専門分野: 生体工学
キーワード: 
Association rule mining,  健診,  糖尿病,  シミュレーション,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
健診データから糖尿病の発症率をAssociation rule miningによりルール化し,糖尿病の発症率を提示するシミュレーションシステムを開発した.健診受診者,保健師,医師に対する評価を行った結果,定量的な発症率の提示に対しては肯定的な意見が得られ,システムの有効性が確認できた.一方,提示された発症率に対して,受診者が受ける印象と,保健師,医師が受ける印象では違いがある可能性が示唆され,数値の意味や病気に対する情報提供などを分かりやすく行っていく必要があることが分かった.