分割幅可変カントール多層平板におけるマイクロ波帯の透過特性

園田 潤  丹治 紀彦  海野 啓明  佐藤 源之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J102-C   No.5   pp.146-152
公開日: 2019/04/15
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 特集論文 (エレクトロニクス分野におけるシミュレーション技術の進展論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
フラクタル,  カントール,  分割幅可変,  透過係数,  マイクロ波実験,  FDTD法,  

本文: PDF(990KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,フラクタル構造中の電磁波伝搬散乱解析が行われており,フラクタル構造は周期構造に比べ透過・共振特性がマルチバンドになり,Q値も大きくなることが理論的に明らかにされている.しかしながら,3次元構造は製作や測定が困難になる問題があった.そこで我々は,製作が比較的容易な一次元のフラクタルであるカントール構造に着目し,分割幅を変えることによる最小透過係数・最大共振係数やQ値の制御方法を提案している.本論文では,分割幅可変カントール構造を石膏ボードを用いた多層板構造により実現し,GHz帯マイクロ波実験で透過特性を測定しFDTD法による理論計算と比較することで,カントール構造の分割幅を可変することにより最小透過係数や最大共振係数及びQ値を制御できることを明らかにする.