乳がん検査のためのマイクロ波トモグラフィにおける予備知識の活用について

桑原 義彦  尾崎 智也  野崎 亮  藤井 公人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J102-C   No.4   pp.86-92
公開日: 2019/03/12
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
逆散乱問題,  予備知識,  DBIM,  乳がん検出,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
悪条件問題の逆散乱問題を解く鍵は有効な予備知識の活用である.われわれは乳がん患者より摘出した乳房組織について,マイクロ波帯での複素誘電率を測定した.測定結果より,乳房組織の比誘電率と導電率は明瞭な線形関係にあることを見出した.この事前情報をDistorted Born Iterative Method (DBIM)を使った画像再構成アルゴリズムに適用し画像を回復させたところ,収束性,ロバスト性に著しい改善が認められた.