磁界プローブを用いた自動車室内のポインティングベクトル推定

福井 伸治  深川 康弘  溝口 幸  前田 登  肖 鳳超  上 芳夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.3   pp.265-272
発行日: 2019/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018PEP0013
論文種別: 特集論文 (EMC設計・対策に貢献するシミュレーション・評価技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
シールデッドループアンテナ,  磁界プローブ,  複素ポインティングベクトル,  

本文: PDF(2.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,自動車の電動化が進み,高速,大電力で動作するパワーエレクトロニクス機器からの電磁ノイズ低減が必要となっている.また,高度運転支援システムの普及が進み,センシング機器,通信機器が,外来電磁ノイズによって影響を受けないようイミュニティ性能の重要性も増してくる.これら自動車を含めた電磁環境を解析するには,シミュレーション手法の開発,並びに実際の電磁環境を計測する技術が必要となる.本論文では,自動車のイミュニティ試験を想定し電磁波を自動車に照射したケースを想定する.本事例において,磁界プローブを用いた磁界計測結果から電界,ポインティングベクトルを推定し,自動車室内の電波伝搬環境を計測する手法を提案する.