小型デュアルモードチョークのインダクタンス解析と伝導ノイズ低減効果の検証

白木 康博  米田 諭  大前 勝彦  長尾 崇志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.3   pp.194-203
発行日: 2019/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018PEP0003
論文種別: 特集論文 (EMC設計・対策に貢献するシミュレーション・評価技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
コモンモード,  ノーマルモード,  インダクタンス,  デュアルモードチョーク,  伝導ノイズ,  

本文: PDF(2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
ノーマルモードとコモンモードノイズの両方を一つの電源チョークで低減するデュアルモードチョーク(DMC)が開発されている.本論文では,チョークを構成するコアの磁性体構造を工夫することにより,磁性体コアの磁気利用率に優れたDMCについて検討を行う.本DMCについて,設計段階で磁気飽和を考慮したインダクタンス計算手法を確立し,伝導ノイズ低減効果を検討する.まず,磁気回路理論を用いてコア構造と巻線仕様からインダクタンスを計算する手法を示す.インダクタンス計算では,直流電流による直流磁気飽和の影響を考慮した.更に,本DMCに関するインダクタンスと伝導ノイズ低減効果をノーマルモードとコモンモードを直列接続した従来フィルタと比較し,本DMCが小型化の点で有利であること示す.