3衛星間のTDOAによる移動体アップリンク干渉源の非同期追尾

網嶋 武  鈴木 信弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.2   pp.133-142
発行日: 2019/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018JBP3029
論文種別: 論文
専門分野: 衛星通信
キーワード: 
測位,  追尾,  TDOA,  非同期,  静止衛星,  干渉,  

本文: PDF(1.6MB)
>>論文を購入


あらまし: 
衛星通信に生じる移動体アップリンク干渉源を測位する場合,3衛星間の到来時間差(TDOA: Time Difference of Arrival)を用いた測位を行う.一方,地上では,受信局数が2局しかないため,衛星へのアンテナ指向を切り替えてTDOAを非同期する.この非同期計測TDOAに対し,従来の同期計測を仮定した追尾方式を適用すると,切り替えに要する時間に移動体が移動する影響により,追尾誤差が生じる.更に,従来方式では,二つのTDOAの内,一方が欠落した場合,正しく計測できた他方も使用できなくなり,計測値が欠損する.本論文では,非同期追尾方式を提案する.本提案方式は,切り替えに要する時間の移動を考慮し,また,二つのTDOAの内,一方が欠落しても,他方を有効に追尾処理できるメリットがある.更に,シミュレーションにより,提案方式の優位性を示す.