3アンテナを用いて広い角度範囲で高精度な方向推定を行うためのアンテナ配置と制御構成

原 嘉孝  網嶋 武  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J102-B   No.2   pp.120-132
発行日: 2019/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 10.14923/transcomj.2018JBP3032
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
方向推定,  角度範囲,  推定精度,  アンテナ間隔,  不確定性,  

本文: PDF(846.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,3アンテナを用いて広い角度範囲で高精度な方向推定を行うためのアンテナ配置と制御構成について論じる.解析では,信号の到来方向を不確定性による誤りを生じることなく推定できる確率(以下,成功率)と方向の推定精度を理論的に導く.解析の結果,所要の成功率を達成しつつ最良の推定精度を得られる3アンテナ線形配置の条件が明らかとなった.また,適切なアンテナ間隔比を用いれば,アンテナ間隔が半波長より大きくても,所要の成功率を達成しつつ広い角度範囲で高精度な方向推定を行えることを示した.更に,この方向推定を行うために拡散信号を送信信号とする構成が実環境で有効となり得ることを示した.