音声明瞭化技術を用いた視覚障がい者用音声案内

伊藤 達明  北条 伸克  鈴木 督史  中村 幸博  岡本 学  手塚 博久  山下 慎一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J102-A   No.2   pp.106-119
発行日: 2019/02/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション特集〜ヒューマンコミュニケーションと価値創造〜)
専門分野: 福祉情報工学
キーワード: 
視覚障がい,  音声案内,  音声明瞭化,  騒音,  

本文: PDF(1.7MB)
>>論文を購入


あらまし: 
騒音環境下において,視覚障がい者用案内音声の内容及び位置双方の伝達性向上を図るとともに,より安価かつ迅速な導入の可能性を検証することを目的として,事前適応型音声明瞭化処理による視覚障がい者用音声案内の実現手法を提案する.そして,実現手法の有効性を評価するため,空港ターミナルの既存のトイレ用音声案内装置を用いて,視覚障がい者を対象として評価実験を実施した.その結果,明瞭化された音声は従来の音声よりも遠方から案内を知覚し,かつ理解できる見通しを得た.すなわち,事前にその周囲の騒音に対して明瞭化された案内音声を用いることで,騒音源となる音の周波数分布が大きく変化しない環境下においては,内容及び位置双方の伝達性に優れ,かつより安価で迅速な導入が可能となる音声案内の実現が期待できる見通しを得た.