データ同化を用いた大規模人流推定手法

重中 秀介  大西 正輝  山下 倫央  野田 五十樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.9   pp.1286-1294
発行日: 2018/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017SAP0014
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: 理論
キーワード: 
データ同化,  カメラ,  GPS,  人流計測,  人流シミュレーション,  

本文: PDF(2.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,大規模な現象を解明することを目的として,データ同化を用いた研究が盛んに行われている.データ同化は観測情報をシミュレーションと融合することによってシミュレーションの再現性を高める手法である.本研究ではカメラやGPSによる人流計測をマルチエージェントシミュレーションと融合することによってイベントに参加する全ての人の動きを再現することを目的とする.本データ同化手法はNash-Sutcliffe係数を用いて,シミュレーションの精度評価指標を定義し,その指標をもとに,分散型遺伝的アルゴリズムを用いてパラメータ探索を行うことで,数万人規模の大規模人流推定を行う.関門海峡花火大会における計測とシミュレーション実験によって提案手法が有効であることを示す.