RGB-D映像の時空間相関に基づく深度画像の高解像度化

土屋 敦彦  杉村 大輔  池岡 宏  浜本 隆之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.9   pp.1250-1258
発行日: 2018/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2018IEP0005
論文種別: 特集論文 (画像符号化・映像メディア処理論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
深度画像,  高解像度化,  時空間相関,  RGB-D映像,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
カラー情報と深度情報を同時に取得できるRGB-Dカメラから得られる深度画像は,カラー画像と比較して空間解像度が低い.本論文では,低解像度深度画像の高解像度化手法を提案する.具体的には,カラー映像と深度映像の時間と空間方向の相関を利用する.高解像度カラー映像において推定した動きベクトル場を用い,次フレームの高解像度深度画像を予測する.予測された深度画像と高解像度カラー画像を活用することで,現フレームの高解像度深度画像を再構成する.これにより,従来手法の問題であったカラー画像のテクスチャ情報に起因する深度画像の再構成性能の低下を抑制することができる.評価実験を行い,提案手法の有効性を確認した.