ハミルトン曲面流に対応する流れの向きを考慮した極大語の列挙アルゴリズム

横山 哲郎  横山 知郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.8   pp.1220-1222
発行日: 2018/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2018JDL8002
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ハミルトン流,  オートマトン,  ステートチャート,  トポロジー,  

本文: PDF(303.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ハミルトン曲面流を表す流れの向きを考慮した極大語の表現法,任意の長さの極大語をもれなく重複なく列挙するアルゴリズム,及びステートチャートによる極大語の生成方法の簡潔な表現を示した.本手法で向きを考慮した流れの総数を見積もることができる.