話題の論理モデルに基づいたプレゼンテーションのコンテンツ・マップ作成支援システム

小尻 智子  渡邉 雄大  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.6   pp.884-894
発行日: 2018/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017LEP0025
論文種別: 特集論文 (学びの変化と新しい教育・学習支援技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
プレゼンテーション,  論理モデル,  コンテンツ生成支援,  コンテンツ・マップ,  概念マップ,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
理解しやすいプレゼンテーションの要件の一つに,スライド間の関係が論理的でわかりやすいことが挙げられる.スライド間の関係を意識しやすいプレゼンテーションを実現するためには,スライドに含まれるコンテンツを吟味・検討する段階で,それらの論理関係を意識して欠落のないコンテンツを導出・整理しておく必要がある.本研究では,科学技術論文を対象とし,論理的なプレゼンテーションを構成するために必要なコンテンツとそれらの関係を論理モデルとして定義する.また,コンテンツ間の関係を表現したコンテンツ・マップを論理モデルに沿って生成するための,コンテンツ・マップ作成支援システムを構築する.評価実験では,システムを用いることで説明が不足しているコンテンツを導出できたり,コンテンツ間に妥当な関係を作成できるようになることが示唆された.