知識共創力を高めるメタ認知スキルの学び方の学び:議論のファシリテーションを通じた経験学習

田中 孝治  陳 巍  ダム ヒョウ チ  小林 重人  橋本 敬  池田 満  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.6   pp.830-842
発行日: 2018/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017LEP0014
論文種別: 特集論文 (学びの変化と新しい教育・学習支援技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
メタ認知,  経験学習,  自己調整学習,  グループディスカッション,  TA,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
価値創造が求められる知識社会で活躍する人材を育成するためには,メタ認知スキルの育成が重要である.しかし,知識共創プロセスを通じて育まれるメタ認知スキルを,限られた時間で教える形態の教育プログラムによって習得させることは合理的ではない.そのため,教育プログラムでは,日々の活動の中でメタ認知スキルを自ら学ぶことができるような学習法を習得させることが重要である.本研究では,議論中のリフレクションによる学習をより適切に行える立場としてのTAに着目し,議論をファシリテートする役割を通じて,経験学習のフレームワークの中でメタ認知スキルの学び方を探求していく教育手法を提案する.本論文では,TAが提出した報告書及び自己調整学習を促すために作成した学習シートの記述を分析し,TAが経験学習サイクルの転回を試みながらメタ認知スキルの学び方を探求していく様子の一端を示す.