少ない評価項目で具体的な授業改善点を推定できる項目間の関係性モデルの提案

中村 修也  赤倉 貴子  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.5   pp.794-798
発行日: 2018/05/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017JDL8017
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
授業改善,  授業評価アンケート,  ベイジアンネットワーク,  

本文: PDF(578.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,学生による授業評価アンケートの項目間の関係性モデルをベイジアンネットワークにより構築した.授業評価アンケート項目間の確率的な因果関係を記述できることを示し,少ない出題項目数で,具体的な改善点が推定できる可能性を示した.