モデル検査の実行順序制約の図式表現と試験ケースの自動生成

青山 裕介  黒岩 丈瑠  久代 紀之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.3   pp.502-511
発行日: 2018/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017PDP0010
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: ソフトウェアシステム
キーワード: 
モデル検査,  SPIN,  エミュレータ,  試験ケース資産化,  

本文: PDF(1.3MB)
>>論文を購入


あらまし: 
システムが並列に動作する機能をもつ場合,各機能の単体試験に加え,機能間の影響関係を考慮した複数機能の並列試験が重要となる.しかし,並列な機能の全実行順序を網羅する試験は現実には実施不可能であることが多いため,試験ケースを優先度付けして選択的に実施する必要がある.ところが,仕様書に機能間の影響関係の情報は明示的に記載されていることは少なく,実行する並列試験の優先度付けを行うことは一般的には困難であった.本研究では,セミ形式記述により曖昧さを排した仕様書から機能間の並列関係を可視化し,並列試験すべき範囲の決定を支援する.更に,決定した試験範囲に基づいてモデル検査器上の試験ケースを自動生成する手法を提案する.