ピアアセスメントにおける項目反応理論を用いたグループ構成最適化

グエン ドク ティエン  宇都 雅輝  植野 真臣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.2   pp.431-445
発行日: 2018/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017JDP7040
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
ピアアセスメント,  項目反応理論,  グループ構成,  評価者選択,  能力測定精度,  最適化問題,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,社会構成主義に基づく学習評価法としてピアアセスメントが注目されている.一般に,MOOCsのように学習者数が多い場合のピアアセスメントは,評価の負担を軽減するために学習者を複数のグループに分割してグループ内のメンバ同士で行うことが多い.しかし,この場合,学習者の能力測定精度がグループ構成の仕方に依存する問題が残る.この問題を解決するために,本研究では,項目反応理論を用いて,学習者の能力測定精度を最大化するようにグループを構成する手法を提案する.しかし,実験の結果,ランダムにグループを構成した場合と比べ,提案手法が必ずしも高い能力測定精度を示すとは限らないことが明らかとなった.そこで,本研究では,グループ内の学習者同士でのみ評価を行うという制約を緩和し,各学習者に対して少数のグループ外評価者を割り当てる外部評価者選択手法を提案する.シミュレーションと被験者実験から,提案手法を用いて数名の外部評価者を追加することで,グループ内の学習者のみによる評価に比べ,能力測定精度が改善されることが確認された.