肢体不自由者向けパスワード入力方式の研究

岡本 学  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.2   pp.386-394
発行日: 2018/02/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション〜伸縮自在のコミュニケーション〜論文特集)
専門分野: 福祉情報工学
キーワード: 
パスワード,  セキュリティ,  情報バリアフリー,  認証,  肢体不自由者,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では「情報バリアフリー」環境の整備において「情報セキュリティ」の機能を追加することを目的とし,常時の付き添いが必要な重い障害をもった人においても,周囲に秘密が漏れることなく本人確認の手段におけるパスワード等の秘密情報の入力を可能とする方式の提案を行う.具体的には,対象者として主に身体の一部しか随意的な動作が難しく通常のキーボードを利用することができない肢体不自由者を想定し,付き添い者等の傍観者がいた場合でも,入力するパスワード等の秘密情報が守られる方式を提案する.ユーザは英文字及び数字からなる好きな構成・長さのパスワードを利用できる一方で,単純な押下スイッチや足・息・瞼等による簡単な動作を入力とする機器を入力装置として利用できる方式である.入力方式が簡単なため容易に入力場面を隠すことが可能となり,セキュリティ向上に貢献できる.なお本方式はキーロガやショルダーハッキングといったアタックに強いパスワード入力方式としても有効である.