実画像を用いた基本6表情に対する無表情の感情価と範囲の検討

宮脇 万友  佐藤 敬子  尾田 政臣  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.2   pp.330-337
発行日: 2018/02/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション〜伸縮自在のコミュニケーション〜論文特集)
専門分野: ヒューマンコミュニケーション基礎
キーワード: 
無表情,  基本6表情,  感情価,  モーフィング,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,無表情の知覚について,基本6感情(喜び・驚き・悲しみ・怒り・恐れ・嫌悪)を表す表情と比較してその感情価と範囲の検討を行った.実験1では強制選択法による表情のカテゴリー分類と,Affect Grid評定法により快次元と活動性次元の2軸で構成される感情的意味空間上に各表情を布置した.実験2では無表情と基本6表情まで20段階で変化していくモーフィング画像を作成し,それを連続的に呈示することで無表情と各表情間の閾を測定し,それを基に無表情の範囲について検討した.実験の結果,感情的意味空間において無表情は他の感情に対して中立ではなく,快次元ではやや不快よりに,活動性次元では非活動的と知覚されることが示された.また,無表情の範囲は嫌悪方向に広く,驚きと恐れ方向に狭く知覚されることが示唆された.