データベースを高速に構築可能な特定物体認識システムの開発と展示会における実証実験

渡邉 之人  入江 豪  五十嵐 勇  黒住 隆行  杵渕 哲也  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.1   pp.92-103
発行日: 2018/01/01
Online ISSN: 1881-0225
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
特定物体認識,  画像検索,  データベース構築,  

本文: PDF(2.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,高速にデータベースを構築可能な特定物体認識システムについて述べる.例えば展示会で,来場者が展示説明パネルや製品サンプルを撮影するだけで製品の詳細な情報を入手することができれば,新たな販促チャネルの創出に繋げることができるであろう.しかし,このようなパネルやサンプルはイベントに合わせて作成されるため,当日までデータベース用の画像が得られないということが多く発生する.このような場合における特定物体認識を考えると,データベースの構築に費やせる準備時間が限られるため,認識精度,認識時間に加えて,即座にデータベースを構築できる必要がある.我々は,認識精度と処理効率を両立し,データベースを高速に構築可能な特定物体認識システムを開発した.実際の展示会でのフィールド実験を実施し,本システムが10分以内にデータベースを構築し,来場者にサービス提供可能であることを実証した.