情報セキュリティ疲労度測定尺度の提案(大学生版)―バーンアウト尺度の援用による測定手法の設計と評価―

畑島 隆  谷本 茂明  金井 敦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D   No.10   pp.1414-1426
発行日: 2018/10/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 10.14923/transinfj.2017LIP0009
論文種別: 特集論文 (ライフインテリジェンスとオフィス情報システム論文特集)
専門分野: セキュリティ
キーワード: 
情報セキュリティ疲れ,  情報セキュリティ疲労度,  バーンアウト,  質問紙作成,  

本文: PDF(2.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
インターネットが社会基盤として重要になるにつれ情報セキュリティ対策の重要性が増し,内容も複雑化・高度化している.しかし,これら対策が複雑化し過ぎた場合,却って利用者のセキュリティ意識を低下させる恐れがある.米国国立標準技術研究所(NIST)からもSecurity Fatigue(情報セキュリティ疲れ)が提唱され,情報セキュリティ対策の実施によって生じる疲れが述べられている.一般に,情報セキュリティ疲れは全てのICT利用者に発生し得るものであり,この疲れに陥ることでセキュリティ対策の効果が抑止されることが課題である.本論文では,情報セキュリティ疲労対策の核となる情報セキュリティ疲労度測定を質問紙調査により実施する手法を提案する.具体的には,一般的な燃え尽き症候群(バーンアウト)の測定手法を援用した質問紙作成と大学生に対する調査実施により,「回避願望」,「消耗感」,「当事者意識」の下位尺度による13項目の質問からなる情報セキュリティ疲労度調査法を具現化した.更に,評価として新たに作成した質問紙調査により消耗感について男女別の尺度得点の平均値に1%水準で有意な差が見られることを示した.